ネット依存症と薄毛と抜け毛の関係

ネット依存症と薄毛と抜け毛の関係

ネットシッピングやSNS、ネットゲームなどを楽しんでいる、これがないと生きていけない、なんて方とても多いと思います。
しかし、スマホやPCの普及によるインターネット依存症がまつ毛や頭皮の抜毛、ハゲを促進させているという事実をご存知ですか?

 

まつ毛が抜けてもケアプロストなどのまつ毛育毛薬がなんとかしてくれる、頭皮がはげても優れた育毛剤でなんとなるでしょ、と考えている方は危険です。
なぜなら、優れた育毛効果を発揮するケアプロストでも、インターネット依存という生活スタイルを改善できなければ、体の中で起っている深刻なトラブルに対処できないからです。

 

【そもそもネット依存って一体なに?】

 

ケアプロストでも対応しきれないネット依存とは一体なんぞかと思う方のために、簡単に説明しましょう。
ネット依存に関係なく、「依存症」というものは、色々と存在し、アルコール、薬物、買い物、ギャンブル依存といったものがあります。

 

これらに共通するの症状は、特定の行為を繰り返すことにより受ける刺激を求める気持ちが抑えきれない、自分ではどうすることもできない、やめようとすると怒りやイライラ、不安などが押しかかり、死を選択する危険性もあるという症状です。

 

ネット依存とは、自分ではすでにどうすることもできないほど、ネットに執着した状態で、仕事や学校、人間関係さえもいらないと思うほど、ネットがなければ生きていくことができないと思う状態です。

 

【ネット依存をそのままにすると何が起るの?】

 

ネット依存症は、心の病気だけでなく、体にも様々な悪影響が及びます。
1日中、こもりっきりでネットに向き合っているのですから、当然、まともな食事を取ることが出来ません。

 

その結果、偏った食生活による機能低下が起こり、まず最初にまつ毛や髪の毛の抜毛が確認されるようになるでしょう。
その状態で、まつ毛育毛薬のケアプロストや発毛剤等を使ったとしても、全く効果がない可能性も考えられます。

 

ただ、ネット依存になると、人との接触、現実社会とのコミュニケーションを遮断した状態になる為、おしゃれに気を使うことも少なくなります。
いずれ、自分が女性である、男性であるということにも無関心となりますので、落ちる先まで落ちていくのが目に見えているのです。

 

【ネット依存症と抜け毛・薄毛の関係】

 

自宅でこもりきりでネットをしている方の傾向を見ると、依存症でなくても大抵の場合、抜毛やハゲの症状がひどい傾向にあります。
その理由は、運動不足や食生活の乱れによる血行不良、栄養不良が原因となっていることがほとんどで、また深夜遅くまでネットをしていることから、成長ホルモンの分泌が悪く、健康的な毛の成長を阻害しているとも考えられます。

 

この状態でケアプロストを使ってまつ毛の育毛や頭髪の発毛促進を試みても、意味がありません。
本気で、まつ毛の成長や頭髪の成長を考えているならば、まずは今の生活習慣を改善する必要があります。

 

すでにネット依存症になっている方については、一人ではどうすることもできない「病気」であるため専門機関できちんと症状を改善することをおススメします。
軽度の症状の場合であれば、ご家族やご友人の協力をもらいながら、少しずつ現状回復に努めてください。

 

若くしてハゲや脱毛の症状を抱えていると、この先おしゃれを楽しむことも素敵なパートナーを見つけることも難しくなります。
ケアプロストや育毛剤などの優れた医薬品が数多く存在しているのですから、美に関心を持ち、できるだけ多くの人とのコミュニケーションを楽しめるようにしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ