イライラが引き起こす薄毛・ハゲの危機

イライラが引き起こす薄毛・ハゲの危機

仕事のストレス、人間関係、育児や家事、彼との関係などで毎日イライラしている方は、ケアプロストを使っていてもまつ毛が抜けてしまう危険性があるので要注意です。
日々何かしらのストレスによりイライラしている人は、まつ毛だけでなく、年齢とともに頭部の抜毛にも悩まされるといわれています。

 

【近年増加傾向にある女性のハゲ】

 

わたし、しっかりとケアプロストでまつ毛育毛ケアしているから問題ないわ、なんて気楽にしている人でも、毎日イライラして当たりかまわず怒りをぶつけているような方は、危険です。
確かにケアプロストは、まつ毛育毛効果に優れた医薬品ではありますが、内面から感じるストレスをカバーしきれず、まつ毛が抜けてしまう危険性が高いのです。

 

しかもストレスによるイライラは、女性の大切な髪の毛に大きな影響を与え、近年問題となっている女性のはげ、薄毛、脱毛といった深刻な症状に繋がるとも言われているのです。
ストレス社会に生きる人間にとってイライラを完全になくすことは難しいのですが、いつまでも若くあり続けるためには、できるだけイライラのない生活を送る必要があります。

 

ストレスを抱えてしまうと、女性ホルモンバランスが大きく乱れ、男性ホルモンが活発となります。
その結果、頭頂部のボリュームが弱くなったり、頭部の地肌が見える、なんとなく老けたような気がするといった抜毛のトラブルを抱えるようになるのです。

 

またケアプロストの効果が、以前よりも落ちたような気がすると感じている方も、ストレスによるホルモンバランスの乱れが発生していると考えられますので、今すぐ改善するようにしましょう。

 

【ストレスによる血行不良】

 

イライラすると体内では、血液の流れが悪く、全機能が極端に低下することが分かっています。
特に頭髪やまつ毛といった部分に血液が流れにくくなり、せっかく使用しているケアプロストの効果でもってもしても成長期を伸ばすことが出来ないのです。

 

人間の体は、命に関わる重要な部分に優先的に血を流すよう脳が指令を下します。
そのため、多少抜けてもダメージを与えても大丈夫であろうと、判断される毛という部分には、血液や栄養が流れなくなり、その結果抜毛や薄毛、成長が弱くなるといったトラブルに繋がるのです。

 

さらにストレスによる血行不良は男性ホルモンを活発にするため、女性ではありえない、口周りのヒゲが濃くなったり、声が太くなるなどの「オス化」の症状が確認されるケースも少なくありません。

 

最近では終わらない芸人の光浦靖子さんやしずちんなどが、口周りのひげが濃くなったなんどと、持ち前のギャグで一発かましていますが、あれってストレスが原因といわれているのです。
そのままの状態を放置すると、ケアプロストの効果が半減するどころか、見た目もすっかり「おっさん」になってしまいますので、取り返しのつかない最悪の状況に陥る前に、対処するようにしましょう。

 

【イライラによるストレスを解消する方法】

 

イライラをとめるためには、副交感神経を活性化させる必要があります。
副交感神経は、精神状態や体をリラックスさせる効果に優れていますので、少しでもイライラしているなと感じたら、副交感神経にスイッチを切り替えられるようにして下さい。

 

その方法はとても簡単です。
鼻からゆっくりと5秒かけて息をすい、お腹が膨れたのを確認してから、今度は口をすぼめ、ゆっくり倍の時間をかけて息を吐き出しましょう。

 

お腹が凹むのを確認するまで吐ききり、これを3回繰り返し行なってください。
腹式呼吸をすることで副交感神経が活発となり、自然とイライラを解消、血行促進やリンパの流れをスムーズにするので、大変おススメです。

 

夜ケアプロストを塗布する前に、この呼吸方法を取り入れるだけでも、さらに効果を高めることができ、かつ質の良い眠りを確保することも出来ます。
最近、イライラしているなと感じている方は、まずは試してみてください。


ホーム RSS購読 サイトマップ