OLさんの3人に2人が目元ブス?

OLさんの3人に2人が目元ブス?

つけまつ毛やまつ毛エクステンション、カラコンは、休日に楽しむおしゃれアイテムの一部であったはずなのに、最近では、職場や学校用のアイテムも誕生するなど、日常的に使っている方が多くなっています。

 

確かに目元のコンプレックスを抱えている方にとっては、なくてはならないアイテムとなってはいますが、毎日使用するこれらのアイテムは、目へのストレスを考えると非常に深刻です。
特にまつ毛エクステンションは、高い費用をかけて施術を行なう為、装着したらボロボロになるまで簡単には取りはずす事はないでしょう。

 

また、つけまつ毛については、少しでもコストを下げたいという気持から、粗悪な接着剤、まつ毛を使っている方も多く、目への負担が大きくなっているのは明らかです。
その点、ケアプロストは、もともと目の治療薬として使用されている成分であるため、目への負担は他のアイテムと比較するとかなり軽減されています。

 

どちらが良い、悪いということは一概には言えませんが、現在まつ毛エクステンションやつけまつ毛、カラコンによる目のトラブル、特にドライアイの症状が深刻だといわれていますので、少しでも異常を感じている方は、目の負担軽減のためにもケアプロストの使用を検討してみると良いでしょう。

 

【OLさんの3人に2人がドライアイ?】

 

どのオフィスでもパソコンは必ず準備され、作業をする際には、なくてはならないものとなっています。
ただ、つけまつ毛やマツエクですでに目の負担が深刻な状態でさらに、眼精疲労を引き起こすと予想されるパソコン操作をすることで、慢性的な眼精疲労を抱えている方はとても多いと言われています。

 

特に、ドライアイの症状は深刻で、デスクワークを行なっているOLさんの3人に2人が目の乾燥、疲れ、涙目、しょぼしょぼ、かゆみやかすみ、視力低下といったドライアイが引き起こす症状で悩んでいるのです。

 

この状態をさらに放置すると目の老化を加速させてしまうこともありますので、少しでも目の負担を軽減すべく、行動しなければいけません。

 

【ドライアイの症状を改善する方法その1】

 

ドライアイの症状を少しでも和らげる為には、まず、つけまつ毛やカラコン、マツエクから卒業しなければなりません。
男性ウケの悪いアイテムランキングでも堂々の1位を獲得する位のものですから、卒業するのは、それほどマイナスではないはずです。

 

ただ、まつ毛のコンプレックスを抱えている方にとっては、素顔をさらすくらい大変な決意が必要だと思いますので、マツエクやつけまつ毛卒業の1ヶ月前くらいからケアプロストの使用をスタートさせましょう。

 

誰にも知られずに、1日1回の塗布だけで十分自まつ毛の成長を促すことができますので、使用から約1ヶ月程度では、魅力的な自まつ毛を手にしていることでしょう。
面倒で眼精疲労やドライアイの症状を引き起こすまつエクやつけまつ毛から卒業できるだけでなく、男性ウケの良い、ナチュラルメイクが楽しめるのですから、これほど良い方法はないですよね。

 

【ドライアイの症状を改善する方法その2】

 

ケアプロストを使って、自まつ毛のボリュームアップを図りつけまつ毛やマツエクから卒業できたとしても、長時間パソコン作業やデスクワークをしていると、目が疲れてくるのは、仕方ありません。

 

少しでも目の負担を軽減するためにも1時間に1回、できれば30分に1回は、目の休憩を取り入れるようにしてください。
目を閉じたり、開いたりの運動を10秒ほど行い、遠くの景色を見るだけでも十分眼精疲労回復に繋がります。

 

ランチ終了後は、ハンドタオルを軽くポットの湯であたため、目のパックとして使用するのも大変おススメです。
若干おやじ臭い気もしますが、それをやることによって、ケアプロストで育てた美しいまつ毛をさらに長くキープすることもでき、かつ魅力的な目元も維持できますので、大変おススメです。


ホーム RSS購読 サイトマップ